配食サービスを撤退する店舗の理由

開業当初は休みがなく、身体と心がもたない

 

撤退する店舗はほとんど

1年以内に撤退をしてしまいます。

 

理由は、資金が尽きてきた頃、

先の見えない展開に

「辞めるなら早い方がいい」と判断してしまうからです。

 

確かに資金がなければ、

運営はできませんし、

お客さんが少ないエリアでは、

将来的に継続が難しい事例もあります。

 

でもマーケットが良くないエリア以外で、

止めてしまうのはもったいないです。

継続を続けた方が正解、という場合がほとんでです。

 

対策❸:事業は継続してこそ意味がある

石の上にも三年といいますが、

事業は継続してこそ意味があります。

 

継続している会社には、

それ相応の評価があります。

何年も事業を継続している社長さんなら

お分かりになると思いますが

金融機関からも融資も受けやすくなるのです。

 

ほかにも長く事業をすることで、

得られるものがあります。

それはケアマネージャーさんからの信頼です。

 

高齢者向け配食サービスの営業先は

ほとんどがケアマネージャーさんなので、

それだけで『財産』ですよね。

 

会社員でなくなったら、

守ってくれる人は自分だけです。

 

休みがなくても3ヶ月〜半年はやれる気概がなければ、

独立は難しいと覚悟してください。

 

厳しいことを言うようですが、

夢のような未来を見せて開業をさせても、

バラ色な世界だけが広がっている訳ではない。

とキチンと伝えることも私たちの仕事なのです。

 

まずは経営者になるんだというメンタルを育てましょう。

生半可な気持ちで事業を始めるべきではありません。

そして事前準備をしっかりしましょう。

事業継続の可能性が大きく変わってきます。

-------------------------------------------------------------------

〒110-0005 東京都台東区上野2-12-18 2F
一般社団法人 日本配食サービス協会 代表理事 吉田幸生
Tel :03-44057663  Fax:03-6869-1776
メール  info@haisyoku.jpn.com

-------------------------------------------------------------------