おはようございます、日本配食サービス協会 後藤です

 

本日は国立市より、ブログUPしました

WEBで配食について調べてたら、『孤食』について記載されているのがありましたので

シェアします。

皆さんもご存じの様に、超高齢化に伴い高齢者の独居高齢者が増えて来ています

当然ですが、食事の時も、TVを見ている時も、朝起きてから、寝るまで外出せず

家にいたら誰とも会話する事がありません、、、

 

その様な生活をしていたら、心の平安を維持するのも当然難しいと思います

日本配食サービス協会は高齢者の食事を支援する団体として、

何が出来るのか? 高齢者の方は何と求めているのか? 真剣に考え行動に

移して行きたいと思います。

pixta_8500468_S

 

『以下 WEBより引用』

1人で食事をする「孤食」が多い高齢者は、誰かと一緒に食事を取る人と比べ、「うつ」になりやすいとする研究結果を、高齢者に関する国内最大規模の社会調査研究プロジェクト「JAGES」(日本老年学的評価研究)の研究グループがまとめた。1人暮らしの場合、孤食の男性は、孤食でない人に比べうつになる可能性が2.7倍、孤食の女性では1.4倍になった。

 調査は、同プロジェクトに参加する全国の65歳以上のうち、2010年の時点で要介護認定を受けておらず、うつ症状のない3万7193人を対象に実施。3年後にうつ症状が出ているかを確認し、孤食とうつの関係を調べた。

 孤食によるうつのなりやすさは、教育歴や所得などの影響を除いて算出すると、男性では、同居人がいれば孤食かどうかにかかわらず統計的に差はなかった。しかし、独居では孤食の人のリスクが孤食でない人の2.7倍だった。女性では、独居か否かにはほとんど関係なく、いずれの場合も孤食の人のリスクが1.4倍高かった。

全国で高齢者の食事を支援する、会員様を募集しております超高齢化社会を

食事から共に支援して行きましょう

高齢者向け配食サービスとは?

↓  ↓  ↓

http://infolp002.haisyoku.jpn.com/