高齢者向け配食サービスの上手な店舗の選び方


 あなたにあった配食業者さんを選ぶコツやポイントをお教えします。


1、ご利用の方が必要な食事について
まずは、どんな方が召し上がるのか?など、
配食サービスを利用される方の用途に合わせて、必要なお食事を知る必要があります。
そして、それを提供してくれる店舗を選びましょう。

 

ご利用者さんは、どんなお食事が必要でしょうか?お弁当を食べる用途としては

(1)一般のお食事として利用したい

(2)糖尿病/腎臓病などの治療食

など、ご利用される方の体の具合によって、さまざまです。
 
また、見た目は同じでも、
一般食とカロリー計算、減塩、低タンパク食などは、食事の内容が大きく違います。
 
まずは、ご利用される方の目的をはっきりとさせてください。
 

2、お食事をするときに飲み込む力は?

●刻み処理

ご利用者さんには、飲み込む力が弱い方もいらっしゃいます。
その場合は、同じ一般食でも、おかずをあらかじめ、
食べやすいように刻んでくれるサービスをご利用になれます。
それが『刻み処理』です

 

刻みの種類には、以下の3つがあります。

(1)ひとくちサイズ

(2)中刻み

(3)極刻み

に分けられます。
ご利用者さんの状態に合わせて、店舗にお願いしてみましょう。
 
●トロミ処理
そのほかにも、飲み込みを助けるために、おかずにトロミを加えてくれるサービスもあります。
刻みとトロミを合わせて、同時にお願いすることも可能です。
 
●ムース食
ムース食は、噛む力が弱い方向けのお弁当です。
これはおかずを調理したあと、細かくすりつぶしてムース状にしたものです。
ムース状なので、見た目は、まったく違うのに、
味は、たとえばカボチャの煮付けだったとしたら、
ちゃんとカボチャの煮付けになっています。
見た目からは想像がつきにくいです。
 

3、ご利用回数
業者さんによっては、
一週間分をまとめて届けてくれるところと、
毎日、毎食届けてくれるところがあります。
 
一週間分届けてもらえるメリットとしては、
玄関先に宅配ボックスを設置してもらえるので、
毎日、その家にいなくてもいい。
ことが挙げられます。
 
逆に注意点としては、一週間まとめて頼む場合には、
たとえば水曜日と金曜日は施設に行くから、お弁当が必要ない。
ということなっても、急にキャンセルができないことです。
 
ご利用者さんの都合によって、選択してください。
 

4、見守りサービス
特に独居されている高齢者の方の家族にとっては、
離れて暮らすご両親のことは心配ですよね?
 
というわけで、お弁当をお届けに上がる際に、
ご利用者さんの安否などを確認するサービスを
おこなっている店舗さんもあります。
 
実際にわたしの義理の父も、この「見守りサービス」によって、
脳溢血で倒れているところを発見し、
通報してもらったおかげで、一命を取りとめました。
ぜひとも積極的に活用して欲しいと思います。
 
最近では、お弁当をとってくれれば、安否確認は無料。
というところも多いので、
栄養バランスの良い食事も利用できて、
しかも安否確認ができる。
 
ということで一石二鳥ですね。
 
 
 
 
日本配食サービ協会が代理店として普及している、今までに無い電力から認識する
見守りシステム(ネットミル)遠くで暮らすご両親を僅か1ヶ月3000円で安心をお届けできます。 配達による安心とIOTを活用した24時間の見守りを是非ご活用下さい。
 
 
 

5、料金について
お弁当のお値段は、おおよそ一食500円前後からです。
ただ、料金は店舗によってまちまちですが、
それぞれの店舗のお弁当には、特徴があります。
 
たとえば、
 
●一食ずつパックされて、まとめて冷凍保存で届くもの。
●毎日、冷蔵品をお弁当箱に詰めて、見守りサービスを兼ねて配達してくれるもの。
 
などがあります。
 
あなたが欲しいサービスに合わせて、考えましょう。
まとめて届くものは、配達の手間がありませんから、
その分コストを抑えることが可能です。
 
一方で、毎食、ご利用者さんの様子を
配達員さんが確認しながらお届けするサービスには、
お弁当のお値段以上の付加価値があります。
 
また、支払方法にも注意が必要です。
ほとんどの店舗で、次の3つから選択できます。
 
(1)お届け時に、その都度、現金で支払う
(2)一ヶ月まとめて現金で支払う
(3)一ヶ月まとめて口座引き落とし
 
あなたに合った、一番良い支払方法を選択しましょう。
 

6、ご試食コース 
「ご試食」コースを上手に利用しましょう。
 
ほとんどの店舗では、無料試食を用意しています。
まずは、お近くの店舗を、『配食の窓口トップ画面』から検索しましょう。
その後、お問い合わせボタンから、必要事項を記入して、送信いただくか、
または直接、電話・ファックスなどで、お問い合わせください。
 
試食をする際に一番大事なのは、やはり『味』ですが、そのほかにも
 
(1)配達員の態度や雰囲気
(2)試食を頼んだ際の店舗の電話対応
 
も、大切な要素です。
 
毎日の食事を預けるわけですから、きちんとした店舗を選びましょう。
細かい部分にもサービスが行き届いているか?などを、
試食を頼んだ機会に、忘れずにチェックしてください。
 

高齢者向け配食サービスの店舗は
あなたの住んでいる地域にもあります。

検索はこちら→

magokoro

ふれ愛_logo

333無題

無題.jpg1111

さくらの御配膳ロゴ

ロゴ

もぐもぐ(配食)