日本配食サービス協会 吉田です。

 

見守り・安否確認サービスの市場規模は?

 

以前にお伝えしたブログで 見守り・安否確認サービスの市場規模について お伝えしたことがありました。

http://haisyoku.jpn.com/後藤ブログ/00002/

 

 

最近の予測では 高齢者見守り・緊急通報サービスの市場規模は2014年に142億円。

そして2025年には、な、なんと227億円にまで拡大するという予測です。

 

 

この数字、経営者としてみれば

「市場が大きくなって、チャンスがあるなぁ」 って目線で考えることもできます。

 

2010年の見守り、安否確認サービスの市場規模は90億円。

2020年には132憶円に成長します。

 

特に独身高齢者帯の増加や高齢者住宅の戸数増加が

この市場規模の成長を牽引しています。

 

市場の伸び=独り暮らしが増えること

 

富士経済の調査によれば

高齢者施設向け食材市場は

2008年に合計1兆5902億円でした。

 

これは、相当に大きなマーケットです。

 

お弁当を宅配する、配食サービスは

介護保険の適用外サービスです。

しかし、衣食住の真ん中にある生活に必須のサービスでもあります。

 

お弁当をお届けするだけでなく

配達するたびに、高齢者の様子を見る

『見守りサービス』がセットになっている配食サービスは

高齢者の独り暮らしの増加とともに

さらに、なくてはならないビジネスになるでしょう。

 

それだけのニーズがあるからです。

 

 

日本配食サービス協会でも

高齢者の抱えている悩みや不安を和らげ

協会員様とともに、高齢者の方に住みよい環境と

離れて暮らすお子さんたちの安心のために

活動をつづけて行きたいと思います。