東京都台東区上野オフィスにて 

日本配食サービス協会 吉田です。

 

フランチャイズってなんだ?

なんとなくはわかっている。

でもちゃんと説明できないことって

ありますよね?

 

今日は、そんな感覚の『フランチャイズシステム』についてのお話しをしましょう。

 

『フランチャイズシステム』とは?

フランチャイズシステムとは、どういうことか?

それは、本部が開発した商品や営業ノウハウなど、

ビジネスの仕組みを提供してもらう代わりに、

加盟店がそれに対して、対価(ロイヤリティー)を支払う。

その仕組みのことを言います。

 

なので、配食サービスに例えると、

お弁当そのものを売るというよりも、

高齢者の方々に、

 

『毎日、安心・安全なお弁当を届ける仕組み』

 

を売っているのが、フランチャイズ本部さんという訳です。

 

ちなみにですが、

仕組みを提供する側の本部のことを「フランチャイザー」と言います。

そして仕組みを買う側の加盟店さんを「フランチャイジー」と呼んでいます。

 

私たちは「ザー」とか「ジー」とか縮めて呼んだりしています。(笑)

 

ほかにも、例えば、有名なセブンイレブンさんとかなら、

店名やロゴはもちろん、

全国統一されたお店で、

どこのお店に入っても均一な商品を

同じ金額で、同じようなサービスで売っていますよね。

 

本部「ザー」が開発した商品や営業ノウハウを

加盟店「ジー」が利用させてもらって、

その対価を「ザー」に支払う。

 

この一連のシステムが『フランチャイズシステム』です。

 

ザーの条件

なので「ウチはフランチャイズ本部です。」と

名乗っている会社があったとしましょう。

その場合、この会社が「ウチの『フランチャイズシステム』を売りますよ。」

と言ったとしたら、最低どんなことを保証してくれるのか?

 

結論からいうと、

 

『ちゃんと研修とかの教育訓練を受けてもらえたら、

どんな素人さんが相手でも、店舗を開業できます。』

 

と言えないといけない。ということになる訳です。

 

例えばあなたが「カレー屋」さんのフランチャイズに加盟したとしましょう。

あなたは「ジー」になりました。

 

あなたは、

これまで運送屋さんに勤めていて、

料理は家でも作った経験がありません。

包丁なんか握ったことないし、

お皿を洗った経験なんて、人生で一度もありません。

 

仮にそんな人が相手でもあっても、

カレーの仕込みから作り方、接客の仕方、など、

ほかの店舗さんと同じ品質の「カレー」を

出せるようにならないといけない訳です。

 

ちょっと極端な話をしましたが、

それがノウハウを売る。

ということだし、

多くの本部さんは、

そこまでの商品開発をしている訳です。

 

こう考えると、

私たちみたいに「ザー」と呼べるノウハウは持っているけど、

あえてフランチャイズを名乗らないっていうのも

かなり珍しいパターンです。

----------------------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしています。

http://haisyoku.jpn.com/toi/ 

----------------------------------------------------------------------------------

〒110-0005

東京都台東区上野2-12-18  池之端ヒロハイツ2F

一般社団法人 日本配食サービス協会

Tel :03-44057663 Fax:03-6869-1776

URL : http://haisyoku.jpn.com/ 

------------------------------------------------------------------------