理由1コスト

東京都台東区上野オフィスにて 

日本配食サービス協会 吉田です。

 

「ロイヤリティー」

加盟店(フランチャイジー)は、

フランチャイズ本部さんが開発した、

商標・ノウハウなどを利用させてもらう対価として、

「ロイヤリティー」を支払う契約を結びます。

 

これが幾らくらいなのか?というと、

業種によってさまざまなようです。

 

配食サービスのような飲食関連の場合は、

売上の5%程度を、

本部に支払うことが多いようです。

 

でも、果たしてこれが

高いのか?

安いのか?

と言ったら、本部と加盟店で

きっと意見が分かれるでしょう。

 

再びザーとジー、

本部(フランチャイザー)にしてみたら、

自分たちが開発してきたノウハウです。

構築にかかった時間や苦労を考えれば、

高くはないはず!

と思っているでしょう。

 

でも加盟店(ジー)にしてみたら、

どうでしょうか?

毎月のランニングコストになる訳ですから、

間違いなく負担です。

 

しかも売り上げを上げたら上げただけ、

その分、支払うロイヤリティーも高くなるので、

なんとなーく負担感が増してきます。

 

もちろんロイヤリティーにも上限があるので、

限りなく発生する訳ではありませんが…。

 

もったいないと感じる理由

わたしが以前、

加盟していた配食店舗の場合も、

本部さんにお支払いするパーセンテージは5%程でした。

 

本来は、加盟店(ジー)が本部(ザー)に払うのが

当然なのですけど、

人間ってやっぱり、ケチにできているんでしょうか。

 

当然だとわかっていても

「う〜ん、もったいない!」とか

いつも思っていました。(苦笑)

 

多分、みんな頭ではわかっていても

「もったいないなぁ」と感じてしまう原因は

本当は加盟店と本部は、対等なんじゃないか?

という思いがあるからなんだと思います。

 

なぜなら、本部にとっても

加盟店が儲かってくれないと自分たちも儲からないし、

本部もきちんとその責任を果たさないと

加盟店を儲けさせることはできないからです。

 

つまり本来は、

どちらも一連托生の関係で、

そういう意味で50:50(フィフィティー・フィフィティー)なのだと思うのです。

 

支払う理由

でも加盟店から見ると残念なことに

ロイヤリティーを支払う理由はちゃんとあります。

 

本部は加盟店から集めたロイヤリティーで、

自社のブランドを構築していかないといけません。

 

つまり「このままずっと加盟して続けたい」

と思わせるような

お金の使い方をしている。ということです。

 

ブラント構築って、簡単に言いましたけど、

実際に会社の価値を向上させるのは、

すごく大変です。

決して簡単なことではありません。

 

本部は、加盟店さんから集めたお金を

第二、第三の商品を開発するための

開発費に使ったり、

 

または、商品の価値を高めるために

広告費を使ったり、

本部としての価値を上げ続ける努力が必要です。

 

つまり、本部として存続するために

常に投資を続けないといけないのです。

 

あなたが加盟しようと考えている本部さんは、

あなたから集めたお金で何をしているのか?

全部、ポケットに入っているってことはありません。

(もちろん、会社を維持するために給料や経費は使います)

 

でも、何に使っているかで、

本部さんの底力がわかるのではないかと思います。

 

もし、あなたにすでにお目当のフランチャイズ本部さんがあるなら

説明会などで聞いてみるのもいいかもしれませんね。

----------------------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしています。

http://haisyoku.jpn.com/toi/ 

----------------------------------------------------------------------------------

〒110-0005

東京都台東区上野2-12-18  池之端ヒロハイツ2F

一般社団法人 日本配食サービス協会

Tel :03-44057663 Fax:03-6869-1776

URL : http://haisyoku.jpn.com/ 

------------------------------------------------------------------------