From:吉田幸生

秋葉原ベローチェより、、、

 

ブログを書くのに時間がかかる人いませんか?

ブログに限らず、なにか書くというのが、

難しく感じられるのには、

だいたい2つの理由があるようです。

それは、、、

 

1、そもそもネタがない。

2、上手に書かないといけないプレッシャーで筆が止まる。

 

の2つのパターンです。

 

実は自分にもそういう時期がありました。

パソコンの前で「うんうん」唸っているんだけど、

全然、何を書いていいのか思い浮かばず、

ひとつ書くのに2日も3日もかかってしまって、

そのうち、止めてしまう。

というパターンです。

 

それではいけないと思って、

いろいろと本を読んだり、

メルマガセミナーとかに出てみたり、

ずいぶん苦労してしまいました。

 

でも、結局、自分の場合、

筆が進まなかったのは、

何か上手なことを言わなきゃいけない。

面白いことを言わなきゃいけない。

 

というプレッシャ—だったように思います。

だからどちらかというと、

さっきの話しでいえばに『2』の方でした。

 

どうして克服したのか?

自分の場合は、それはある日突然に訪れました。

 

マイク&カラオケ

ある日のこと、古い友人とカラオケにいきました。

もう、30年近くつき合っている

腐れ縁ともいえるくらいの

友達からのひとことがきっかけでした。

 

わたしは、ブログを書く他にも

作詞をしたりするのも好きです。

結構、本気でやっている時期もあったので、

そこそこ書けるつもりでいます。

 

でもやっぱり時間がかかるのです。

それは、ブログを書くのに時間がかかるのと同じで、

ほかの誰とも違う、

オリジナリティだったり、

良いものを書きたいという気持ちが

筆を止めるのだとわかっていました。

 

そんなときに、自分の悩みを知っている

腐れ縁の友達がふと言ったのです。

 

「吉田さん、この世に100%のオリジナルはないんですよ」と…。

 

100%のオリジナル

何かを書きたくなる時って、

かならず、刺激になる出来事があったりします。

(そうでない方はごめんなさい)

たとえば、誰かの歌を聴いて、

「こんな曲を自分も書いてみたいなぁ」とか、

そういう気分になることです。

 

曲を聞いたり、本を読んだり、誰かと話したりとか、

急に創作意欲が湧くことってありますよね?

 

必ずきっかけがあるはずです。

いずれにしても、そのきっかけで

何かを作りたくなったのだとしたら、

その時点で、すでに誰かの影響を受けている。

というのです。

 

つまり、その時点で、自分の100%のオリジナルではないんだと。

 

そういわれて「はっ」としました。

 

ということは、この世に100%のオリジナルは

存在しないってことなのかもしれない。

と、思えて、ちょっと気持ちが楽になりました。

ペンとカレンダー

そもそも良いものを書こうとか、

個性とか関係なしに、

もう少し、楽な気持ちで、

筆の進むまま書いても大丈夫なんだなと思えたのです。

 

という訳で、

ここのブログでは『配食サービス』とは

全然、関係のない話しを

バンバン書くようにしています。

 

ビジネスの話しももちろん書きます。

でも、本筋の話しは、後藤の方でもたくさん書いているので、

自分は気楽に書かせていただこうと決めています。

 

でも、次回はちょっと真面目な話しを書きますね。