From:吉田幸生

秋葉原ベローチェより、、、

 

12時間は働けない

ネットで配食を調べていたら、配食店舗を撤退するというひとが

コメントを寄せていました。

全部を覚えていないのですが、要約すると

 

「配食サービは、労働時間は12時間になるし、割に合わない。

だから、そんな長時間労働に耐えられる人だけ、これからも頑張ってください」

 

といった内容でした。

 

たくさん働いているのに、あんまり儲からないから、割に合わないので、辞める。って話しです。

確かに、12時間労働って、結構長いですよね。

普通の会社に勤務していたら、出勤時間は9:00〜17:00とかが一般的です。

時間にしたら7時間勤務です。

 

5時間くらいは、毎日残業をする計算ですから、そう考えると大変です。

自分もそう思います。

 

でも、それは、会社員としてなら…というお話しです。

 

ゴールドカード

社長さんの中には、すごく優秀な方たちが、たくさんいらっしゃいます。

この間、セミナーに出た時も、まだ大学3年生です。という人がいました。

すでに月商1000万円だそうです。

 

しかも、ほとんど原価がかからないビジネスらしいので、

ほとんどが、彼の儲けです。

セミナー終わりに、別のコースの申し込み用紙を配られた時に、

彼がクレジットカード決済をしていたんですけど、

アメリカンエキスプレスのゴールドカードを持ってました。

 

まあ、なかには、そういう天才的な人も

確かにいらっしゃるんですけど、

そんなひとばかりじゃありません。

 

あなたのランキングは?

質問です。

あなたは同業者の中で、自分はどのくらいの位置についていると思いますか?

 

こう聞かれた社長さんのほとんどは、上の下とか、中の上とか、ほとんど『平均よりは上』と答えるそうです。

 

わたしもそうでした。

 

でも、考えてみれば、本当に自分のレベルがそれほどなら、

もっと会社の業績だっていいはずです。

 

どんな不況業種であったとしても、上のレベルの人は、やっぱりきちんと利益を出しています。

ということは、そこまで利益の出ていない社長さんは、

もっともっと下位のランキングだということです。

 

社長の勤務時間は?

ランチェスター戦略の第一人者である竹田陽一さんの著書によれば、

結果を出すために、社長が働く時間の最低レベルは

3200時間だそうです。

 

3200時間ですよ。

 

一日12時間働いても、週休二日なら、約20日間程度の出社になります。

ということは、

12時間×20日間=240時間ですから

一年間にすると2880時間です。

 

まだ、320時間も足りません。

 

同じ12時間で考えると隔週休二日制で、22日間出社しても、

12時間×20日間×12カ月=3168時間です。

しかも、これを5年間続けないと、

中以下のランキングの社長は、結果を出すことは難しいとのこと。

 

 

もちろん、普段の仕事をしつつ、アイデアを考えたりする時間も含まれるということですが、

それにしても決して短かい時間ではありません。

 

加えて、それほど豊かな才能がないのであれば、尚更です。

 

もっともっと、と貪欲にならないといけない。

社長は従業員とは、違うのです。

 

売り上げの責任を持つとは?

社長の仕事は2つしかありません。

1、売り上げの責任をもつこと

2、資金繰りの責任をもつこと

 

どちらも同じくらい重要です。

資金繰りについては、銀行からお金を借りたり、支払日を忘れないとかしていればいいので、イメージしやすいですが、売り上げの責任を持つってどういうことか?

わたしはよくわかりませんでした。

 

たとえば、去年、たまたまある月に売り上げがまとめてありました。

でも、今年はどうなのか?というとわかりませんよね?

去年は、たまたまだったのですから。

 

でも、今季の売り上げ目標を出してください。と聞かれると

大抵は、「去年はこれくらいだったので、今年はこれくらい行きたいです」という答えが帰ってきます。

 

でも、この数字には、なんの根拠もありません。

 

これが

 

バックミラーの経営です

本来は、売り上げ目標を立てるときに、基本になるのが、

 

「どのくらいの宣伝費を使うか?」

 

です。いくら使うとどのくらい反応があるので、

今年、これくらい稼ぐために、幾ら宣伝費を使おう。

という売り上げのシステムをもっていないと、いけないのです。

 

これはとても難しいです。

 

でも、これができるようにならないと、

いつまで立ってもバックミラーの経営しかできません。

 

つまり、結果が出せない。のです。

 

 

たくさん勉強することがあります。

しかも、どれひとつとっても、手を抜いていい科目なんかないんです。

学生のときなら、国語はダメだけど、英語でカバーとかありましたけど、

そんなに甘いもんじゃありません。

 

全部、及第点を出さないと結果が出ない世界です。

正直、3200時間でも足りないほど、

カバーしないといけない勉強のボリュームがあります。

 

12時間なんて、とても働けないという人は、

最初から辞めたほうがいいです。

 

でも、いつかゴールドカード、いや、ブラックカードを使えるようになりたいなら、、、。