pixta_21385126_S

From:吉田幸生

千代田区外神田オフィスより、、、

 

あなたは間違ったビジネスを選んでいませんか?

起業を目指して、

たくさんの資料を取り寄せて、研究をしているあなたに、

今日は『投下資本利益率』のことについて

お話ししたいと思います。

 

『投下資本利益率』というのは、

簡単に言うと

 

『開業資金をどのくらいの期間で回収出来るか?』

 

という指標のことです。

ROI(投下資本利益率)という呼び方をすることが一般的です。

 

「そのくらい知っているよ!」

という方ももちろんいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、ビジネスをするということは、

『資金を投資をすること』でもあります。

とっても大切な要素ですから、

ちょっとだけお付き合いくださいね。

 

どうやって計算するのか?

それではどうやって計算するのか?

というと、計算式は以下のとおりです。

 

         当期経常利益      

ROI(%)= ―――――――― ×100

          投下資本

(※投下資本には資本金、社債、借入金が含まれる)

 

ちょっと試しに計算してみましょう。

 

  • 開業資金2000万円で飲食店を始める場合

 

1年間の売上高から仕入原価、人件費、家賃のほか、

税金などすべての諸経費を差し引いた純益(経常利益)が、

仮に 300万円だったとします。

なので、下のような計算式になります。

 

           300万円(経常利益)
    ROI= ――――――――――― ×100= 15%
          2000万円(投下資本)
 

ここででてきた15%という数字は、

「投下資本額の15%を1年間で回収できる」ことを示しています。

 

つまり(1÷0.15=6.6年)で

投下した資本を全額回収するためにかかる期間は「6.6年」

ということになります。

 

そして、この数字が仮に

10%だとしたら、回収期間は10年です。

20%だとしたら、回収期間は5年ということになります。

 

この回収期間は、一般的には20%以上が理想と言われています。

でも、20%という数字を取るのは、

今の世の中、そう簡単なことではありません。

 

そこで、各業界の平均的なROIと回収期間をまとめてみました。

下の表を目を通してもらってから

次に進むことにしましょう!

 

<各業界の平均的なROIと資金回収期間>

 

一般的にフランチャイズ開業に必要な資金とは?

次に、ROIを計算するのに必要な投下資金の数字について見てみましょう。

下記の表をご覧ください。

この数字を参考にして、あなたがフランチャイズに加盟したとして

1年後、2年後の収益はどのくらいになるのか?

何年で資本が回収出来るのか?

 

あなたが狙うビジネスでは、何年で投資分が回収できるのか?

是非、計算してみてください。