おはようございます、日本配食協会の後藤です、
本日は西日暮里のルノアールでブログを書いています

本日はマーケット用語で良使う『ライフサイクル』について私の解釈で書きたいと
思います。

ライフサイクルとは?

日常販売されている商品やサービスには必ずライフサイクルがあります
製品やサービスは市場で投入された後、残念ながら必ず市場から姿を消して行きます

なので、企業としたら如何に今後の成長マーケットを分析し、タイミング良く新規参入
して行くかが大切ですね!

こうした製品の一連の流れは、製品ライフサイクルとして知られています。この
製品ライフサイクルは、売上高・利益、競合企業の数などの観点から見て、
「導入期」、「成長期」、「成熟期」、「衰退期」の4つに分けられていて

ライフサイクルの流れは、売上高導・利益率・企業数を元に
導入期  成長期  成熟期 衰退期に分ける事が出来ます。

ライフサイクルを元にFC募集している業種を仕分けしてみました

導入期

・高齢者向け配食サービス  2025年から急激な成長期⇒30年間は急成長
・ロボット産業系      若手の人で不足を補う為にも見込み大
・探偵           2分に1組が離婚する時代、、、

成長期

・デイサービス      需要はあるが、法改正、飽和状態により成熟期に差し掛かる
・訪問介護        需要はあるが、法改正、飽和状態により成熟期に差し掛かる
・おそうじ系       この5年で急成長  競合店次第

成熟期
・コンビニ        説明不要
・ラーメン屋
・車の修理        車の性能UPにより、事故事態が少ない 若い世代が車に乗らない

衰退期
・学習塾         まさに時代の流れに逆境 川の流れを逆らって泳いで行く様なもの
・結婚式場        時代の流れ
 

2014062601