こんにちは

日本配食サービス協会の後藤です。

 

8月より第一期ビジネスパートナー募集を公開し、

多くの方に資料請求やお問い合わせ頂きました、

改めて高齢者向けのビジネスに

関心をお持ちの方が多いのだなと感じております。

 

既に開業契約をいただき、

開業準備をしていますがこの段階で

頂く質問で多いのが

『販売価格をいくらにするのが良いですか』と聞かれます。

 

販売価格=値決めは店舗運営を左右する大切な経営戦略です。

安易な価格設定は開業する前から

失敗を計画しているようなものです。

 

必ず競合店の販売価格を調べ戦略を立てて行きましょう。

競合店の分析方法(差別化)として、1:1.3という数字があります。

 

これは顧客が他店と比べ金額やサービスに差がある

(高い、安い)

と感じる数値になります。

 

店舗さんの中には地域で一番安い金額で

設定したがる方が多いのですが、

地域最安値を浸透していないので

あれば只々経営を苦しめているだけです。

 

客観的な判断で設定するのでは無く、

数字で分析し、

販売価格が幾らで顧客が安いと思うか高いと思うか

把握するのが大切です。

 

私的には安易な値下げはさけ地域で勝負できる

最大限の利益を掴んで頂きたく思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ先&本メールへのご意見・ご感想
info@haisyoku.jpn.com
「メールを見た」とお書き添えください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━