おはようございます

日本配食サービス協会の後藤です

本日のMSNのTOPで(生活に困窮する高齢者、、)と題された記事が載っていました

日本で80歳以上の高齢者は2014年9月時点で964万人と前年から35万人増加。

そのうち90歳以上は172万人で前年比11万人増えた。日本は「人生90年」の時代に

入りつつある。

長寿国日本を象徴している喜ばし内容なのに、何故か喜べない!!

それは高齢者人口の増加と比例して、生活が立ち行かなくなる世帯も増え続け

老後の家計は基本的に「赤字」になるからです。

(月6万1560円 年間で74万円の赤字)

いつのころからか、長生きが「リスク」と言われるようになって来ました、

とても悲しい事です、、

今まではアクティブシニアの層が娯楽費として支出していた事により、

利益を得ていた会社も多かったと思いますが今後は、75歳以上の方を

ターゲットに安価で良質なサービスが求められますね。

日本配食サービス協会もスケールメリットを活かし

安価で更に上質なサービスを追求して行きたいと思います